FC2ブログ

CoppiceGARDEN

1本の「ほおの木」が10年経って「コピス(雑木林)」に変わりました。

クリスマスローズの魅力!

先般告知させていただいた、「春コレ」 文字通り春のコレクション!ですが、何の?
はい! クリスマスローズの・・です。 来年2016年2月5日(金)から7日(日)までの三日間開催されます!
なぜ、寒い2月なの?
それは、この子たちの開花時期が寒い冬だから~なのです。
今、コピスガーデンでさまざまなクリスマスローズが並んでいます!

クリスマスローズ

春コレでは、育種・栽培家の第一人者である樋口則夫氏が作出したウィンターシンフォニーの開花株を、日本国内でもいち早くお届けするお花の展示即売会なんです!

ですから、寒い中、また大吹雪でも!! それはもう遠いところから、もちろんお近くの方も!来てくださるお客様で、会場内は熱気でムンムンです ウィンターシンフォニーが大好きでいてくださるファンのお客様は、やはり実際にご来店のうえ、お花の顏をじっくりとみて、購入されるケースが多いですね~~

なぜならば、クリスマスローズは親と同じ花色や形が咲かないっ、裏を返せば、とんでもなく美しいお花が生まれたり、逆のこともあります(笑) なので、それをよくみなさん、ご存じなので、実物と対峙し、じっくり見定めて、お気に入りの子をお嫁さんにしてくれるのです!

さて、クリスマスローズというのは、通称でありまして、本来クリスマスローズは、原種のニゲルをさすのですが、一般的には品種改良された園芸種も含め、クリスマスローズとよばれるようになっています。
他に、花びら(実際にはガクなのですが)5枚あることから、「合格の花」などとして、縁起物としてもプレゼントされたりしていますし、「冬の貴婦人」などと形容されたりします!

ハイブリッドとかヒブリダスとよばれる園芸種は、オリエンタリス系から始まり、一重、八重、セミダブルなどの花の形の違いと花色、そしてスポットがあるか、ベイン(筋模様)があるか、などひとつひとつ個性があって、コレクターにとっては、集めても集めても!! 集めきれない~
そして、何かしら新しい交配種が送り出されてきますね コレクター泣かせ^^;

そんな交配の世界で、英国の有名ナーセリーAshwood Nurseryが発表した株に、通称ブライヤーローズ(アッシュウンデシス)と呼ばれるものがあります。
これは原種のニゲルを父親に、母はベシカウリスというこれまた個性的な原種を親にもつ苗で、まだまだ流通数が少ないのが現状です。
学名は、Helleborus x ashwoodensis('Briar Rose' Helleborus niger × Helleborus vesicarius) のような表記になります。

H.ベシカウリス自体、日本ではあまり流通しておりませんし、コピスガーデンでもお取扱いのない品種です。

さて、このブライヤーローズですが、もしかすると!うまくいけば!春コレで販売となるかもしれません!!!
その場合には、また改めて告知させていただきますねー

さて、原種のお話になったので、もうひとつ先ごろ入荷した「チベタヌス」についても、ご紹介しますね!

チベタヌス(Helleborus thibetanus)、聞きなれない名前かもしれませんが、これは中国が原産です。
この子に至っては、「幻の花」などと冠がつけられたりするクリスマスローズです。
今年は、昨年のものより花芽がしっかりとしているような感触♪
やわらかな葉っぱも魅力のひとつですが、和紙のような桃色の花びらがたまらなく清楚です。

チベタヌス

皆様~ 是非、那須のコピスガーデンへお越しくださいませ。
ご来店をお待ちしています!

初めてのご来店のお客様へ 
那須のコピスガーデンは、那須I.C.から車で約8分ほどです!
17号線からの入り口がややわかりにくいのですが、スマホをお持ちなら、以下のGoogleMapのQRコードをご利用くださいませ。
カーナビに住所や電話番号を設定すると、別の場所に案内されてしまうことが多いようです。

コピスガーデン那須の地図 GoogleMap GoogleMap https://goo.gl/maps/y7LJD

遠方のお客様へ
コピスガーデンでは、通信販売でお買いもとめいただけるネットショップがございます。
http://www.coppicegarden.com/ 
土曜日と日曜日、祝日はお休みですが、メール(クリックでメーラーが立ちあがります!)は24時間受け付けております。お返事が遅くなることもあるかもしれませんが、ご容赦くださいませ。
関連記事

 那須 コピスガーデン クリスマスローズブライヤーローズ チベタヌス

0 Comments

Add your comment